FC2ブログ
 『Life is Beautiful』をのぞきにきてくださってありがとうございます。
 しばらくサイトをあちこちさわる予定なので、お見苦しいところもあるかもしれませんが
 ご理解ください。よろしくお願いします。

 現在お話の更新予定はまだ未定となっております。今しばらくお待ちくださいm(__)m

 INDEX

2017.01.31 副社長室は立入禁止 1
副社長室は立入禁止
本日は司のお誕生日~(/ ̄ー ̄)/‥∵:*:☆*゜★。::*☆オメデトォー!!
なので久しぶりにつかつくお届けです(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
さっ副社長室で今回は何が起こるのか???お楽しみに~(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ
***

東京、道明寺日本本社最上階副社長室。俺はいつもの椅子に座り、パソコンのモニターをじっと見てる。いや、睨んでるって言った方が正しいかも知んねぇな。これ、すっげぇ気に食わねぇからな。

「そっそういうわけでありまして、頭取との面会には専務が同席してくださいまして、えっとそのっ・・・」

そんな俺の前で、なんだか知らねぇが青ざめた社員がどもりどもり報告をしてやがる。ったく、たかだか数億の資金援助の報告に、一体どんだけ時間かける気だこいつは。だが、今の俺はそれどころじゃねぇ。ったく、何なんだよホントに。

「・・・もうそこまでで結構ですよ。ご苦労様でした。あとは報告書の提出だけで結構です。」

声がした方には、いつもの能面顔をさらにしかめた西田が青ざめた奴に声をかけてる。そいつはほっとしたような顔をして何度も西田に頭を下げて、飛ぶように出ていきやがった。なんだよ、その程度の話ならわざわざしなくてもよかったんじゃねぇのかよ。

「・・・副社長。その顔、いい加減どうにかしていただきませんと困ります。」

「ああっ?俺がどんな顔してるってんだよ。ちゃんと仕事してんだろうが。」

「報告を聞きながら三条様からのメールを見てらっしゃったんでしょう?見ていなくてもその顔を見ればわかります。」

くそったれが、と思うが。その前に西田が俺のデスクの前にがっつり寄ってきて立ちやがった。自然俺を見下ろす状態になる。

「いくら写真を見たところで、つくし様にお会いできるわけではないんです。いい加減あきらめて仕事に集中してください。」

「・・・わりぃのは俺じゃねぇだろうが。ちょっと悪天候なくらいで予定変えやがったやつらに文句言えよ。」

「ちょっとではございません。ロシアはここ1週間悪天候で空港閉鎖なんです。ヨーロッパ全土がそんな状態なんですから、予定が変わってしまっても仕方ございません。」

「仕方なくねぇだろ!大体すげぇ重要な商談だのなんだのがあってとかお前が言いやがるから!」

「ええ、ですからつくし様にご無理をお願いして先にロシアに行っていただいたんですよね。それなのに肝心の司様がつくし様がいらっしゃるところに行けない状態ですから、明日のお誕生日もご一緒できない。すべて私の責任です、大変申し訳ございません。」

「・・・誰もそこまで言ってねぇだろうが。」

まあ、誰が悪いってわけじゃねぇのも、俺もわかってんだけどよ。10日もヨーロッパ回るっていうから、俺の誕生日もあるし、つくしとも一緒にいてぇし、だからあいつにたまにはいいだろって頼みこんで、先に行ってもらってたってのに。まあ、ヨーロッパに用事があるとかいう三条も一緒なんだけどよ。肝心の俺が行けねぇんじゃどうしようもねえんだよ。マジで、最悪もいいとこだ。

「大雪で通信状態も悪く、つくし様とご連絡があまりとれずご心配なお気持ちもわかりますが。三条様とご一緒の楽しそうなお写真を見られたところで何かが変わるわけではございません。」

「・・・見るくれぇいいだろ。」

「今は仕事中です、副社長。そんな鬼のような形相で写真を凝視なさってたら、普通の社員では近寄ることもできません。ですからいい加減、その写真を見るのをおやめいただきたいんです。大体、この書類の山はいったいいつ目を通されるおつもりなんですか。早くしてくださらないと決済を待っております。」

ヨーロッパ行き10日がなくなったところで西田が俺を遊ばせるはずもない。いったいどこからかき集めてきたのか、サインをしろだの目を通せだのと、書類がどんどん山積みになっていく。いいんだけどよ、こんなつくしの笑顔見ちまったら仕事なんてしたくなくなるんだよ。

三条が、つくしの最高の笑顔だとか言って送ってきやがった写真。そこには金髪野郎に囲まれて一緒に酒飲んで笑ってるつくしの、ちょっと頬を染めた最高にかわいい笑顔が写ってて。いったいなんでそんなことになって、なんでそんな楽しそうに笑ってんだとか、すっげぇ気になるもんだろ普通。なのに、大雪で通信状態が悪いらしくてつくしの衛星電話は繋がりやしねぇ。電源入れてねぇのかも知んねぇけどよ。

「司様!」

「わかったわかった。写真見なけりゃいいんだろ。で、この山を片付けりゃいいんだろ?どうせつくしには会えねぇんだし、やるよ、やりゃいいんだろ。」

「・・・ちょっとはやる気を出してくださいませんか。」

「でるかよ。この10日を、俺がどんだけ楽しみにしてたと思ってんだ。そのためにつくしに会うのも我慢して仕事片付けたってのに、つくしには会えねぇし、仕事はこれだし、さすがの俺もやってらんねぇ時もあんだよ。」

ふてくされたところでやらねぇといけねぇことはわかってる。わかってるけどよ、たまにはこんな日もあるんだよ俺にも。

「まあ・・・とにかく頑張られた方がご自身のためですから。よろしくお願いいたします。」

西田はため息交じりに部屋を出て行った。めずらしいなあいつがため息なんて。どうしたんだ?そうは思うがやる気にはならねぇ。

「・・・はぁ。でもやんねぇとな。」

仕方なく、ようやく山のてっぺんの書類を手に仕事を始めた。

***
久しぶりのつかつくです~(*^-^*)
なのに司坊ちゃん、ちょっといじけておりますw仕事する気にもならないくらいみたいですねw
さ、やっと仕事を始めた坊ちゃん☆彡楽しいお誕生日が過ごせるかしら?

次回は本日18時です(*`・ω・)ゞ
関連記事
スポンサーサイト



Secret