FC2ブログ
 『Life is Beautiful』をのぞきにきてくださってありがとうございます。
 しばらくサイトをあちこちさわる予定なので、お見苦しいところもあるかもしれませんが
 ご理解ください。よろしくお願いします。

 現在お話の更新予定はまだ未定となっております。今しばらくお待ちくださいm(__)m

 INDEX

2016.12.24 愛すべきサンタ、プレゼントは君で 1
愛すべきサンタ、プレゼントは君で
メリークリスマス(*^-')ノ☆;:*:;☆“Merry*Christmas”☆;:*:;☆ヽ('-^*)
ということでSSをお届け❤とっても暗い連載本編が続いておりましたので気分をかえて
明るい気分で楽しんでいただけたらと思います~( *´艸`)

***

「ど、どうぞ順番に並んでくださ~い!列の最後尾はこちらで~す!」

さ、寒い!この年でこんなカッコなんてもう!滋さんのバカ!総のバカバカバカ!いや、我慢我慢だ!

「ねえねえおねーさん、これ、何の列なの?」

「え、あ、はい。これは『キャセロールシゲル』のクリスマス限定ミニカップケーキ販売の列でして、ここが最後尾・・・」

「え?マジ!?あのキャセロールシゲルの?うわ、絶対彼女に買って帰ってやろ。絶対喜ぶわ!おい、お前も一緒に並べよ、1人2個限定とか書いてあるし。」

「はあ~!?このクソ寒いのに並ぶのかよ~。たぶん1時間は並ぶぜ?ったく、お前あきちゃんには甘いんだからよ~。」

目の前の大学生くらいの男の子が2人、また列に並んだ。ああ、ありがとう売り上げに貢献してくれて。ホントさっさと売り切れてこんなお役目解放されたい。





今日はクリスマスイブ。あたしたちはこの3日間、ここに拘束されている。そう、この『キャセロールシゲル』はあの滋さんが初プロデュースしてるスイーツ専門店。そしてまたこれがそこら辺のパティシエが作ったのよりかわいくておいしいって雑誌でもテレビでもとりあげられて、忙しいはずの滋さんがNYから帰国するくらい大繁盛しているのだ。そしてあたしたちは、それはもう総出でお手伝いにきている。この時期に有給使いますって言ったら上司にすごく嫌な顔されたけど、そんなの気にするもんか。

「先輩、交代しますわ。寒かったでしょう、休憩してきてください。」

やってきたのはあたしと同じカッコの桜子。そう、今回は桜子もお手伝いに来てくれているのだ。

「あ!あなた、ベアウティの桜子さんですよね!そうですよね!」

「うふふ、ええ、いらっしゃいませ。よかったら、ケーキどうですか?お友達のために頑張ってるんです、協力してくださいません?」

今は自社化粧品ブランドのモデルもしてる桜子のファンなのか、女の子たちに押し出されるようにその場から逃げてきた。ちらっと視線のあった桜子はニンマリしていたから、ああきっと自分の宣伝にも一石二鳥だとか思ってるんだろうなってすぐわかる。桜子が着てるの、自前だっていうくらいだから気合い入れてるんだろうな。

「はあ~あったか~い。」

今日のあたしは、社長(滋さん)の命令でサンタの格好だ。ほらあれ、いわゆるミニスカサンタ。あたしと優紀と滋さんと、なんでもお揃いらしいミニスカートのサンタの衣装はすっごくふわふわであったかい。ノースリーブのミニワンピースに、網タイツにロングブーツ。思いっきり滋さんの好み。さすがに外は寒いからコートを羽織ってるけど、コートもまた赤のかわいいポンチョに白の長手袋。肌が隠れてる部分はすごくふわふわであったかいから、もしかしたらカシミアとかなのかもしれないけど、もうそれを気にする元気もない。

「あ、つくし。お疲れ。外寒かったでしょう?大丈夫だった?」

ちょうど休憩だった優紀と一緒にあったかいお茶で一休みだ。優紀はレジで働いてるのでノースリーブのミニスカサンタのまま。あたしは諸事情があって寒いけど外での仕事をしてる。だって・・・

「ホント、西門さんもまいっちゃうよね、それ。絶対確信犯だよね。『俺以外の男に肌を見せんじゃねーよ!』みたいな?」

「やめてよ、優紀。もうそれ散々滋さんにも桜子にも言われた・・・」

「あんなちゃらんぽらんな人がねえ、まさかこうも変わってそんな嫉妬深くて独占欲丸出しなところ見せるなんて思わないじゃない。意外だし、だからおもしろいよね。」

笑い事じゃない。ポンチョの襟元はがっつり上までとめてるから今は気にならないけど、一昨日ここのバイトにきてサンタの衣装を着たあたしを見て苦笑いした3人にはホントに恥ずかしすぎてあわせる顔がなくて、穴があったら入って二度と出てきたくないくらいだった。




数日前、実は滋さんから頼まれてね・・・って話を彼にした。どうしてもって頼み込まれて、もう優紀と桜子もくるって言ってるし、滋さんも帰国するっていうからあたしもお手伝いをね・・・そう言った時、黙って話を聞いてた総の様子を見ておかしいと気付くべきだったんだ。

今年は、総とはクリスマスを過ごせないことになっていた。西門のイベントで22~25日まで総は京都に行くことになっていて、あたしは1人のクリスマスを過ごすくらいなら友達と一緒の方がいいかな、と思っただけだったんだけど。めずらしく「たまにはいいんじゃねーの?」なんて言ってくれてありがたいな~と思ってたのに。

京都に行く前の日の夜、なんだかいつもよりその、アレが激しくて、何度も何度もあたしの意識がなくなるまでだったからどうしたんだろうとは思ってたんだけど。朝になって滋さんたちと合流してみたら、体中がキスマークの嵐!みたいになってて、とてもじゃないけどキャミソールのミニワンピなんて着れる状態ではなかったのだ。

「愛されてて幸せじゃない、つくし。」

「そうだけど、これは2度といや。」

「確かに。」

苦笑いするあたしと優紀はお茶を飲みながらのんびりしていた。今年は静かで平和なクリスマスイブ、のはずだったのに。

***
ミニスカサンタつくし、愛されすぎて大変なようですw
そして、こんな日に仕事で京都に行ってるらしい総二郎。
置き土産(大量のキスマーク)を残してそのままおとなしくしているはずがないwww
さ、平和じゃないクリスマスの始まりで~す“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪
関連記事
スポンサーサイト



Secret