FC2ブログ
 『Life is Beautiful』をのぞきにきてくださってありがとうございます。
 しばらくサイトをあちこちさわる予定なので、お見苦しいところもあるかもしれませんが
 ご理解ください。よろしくお願いします。

 現在お話の更新予定はまだ未定となっております。今しばらくお待ちくださいm(__)m

 INDEX

2016.11.28 涙の数だけ 1
涙の数だけ
『gypsophila room』を運営されているGipskräuter様との共同作品です。
1・2話はGipさまが、3・4話は向日葵が書かせていただきました。どうぞお楽しみください♪

***

俺の言葉を無視してつくしはひとり俺の前をスタスタと歩いていく。
そして俺はその後を追いかける。

「おいっ、つくし!待てって。」

つくしの細い二の腕を掴んだ。

「離してよ!
もう私はいいよ。もう疲れちゃったよ…。」




ケンカの原因は些細なことだった。

つくしと付き合うようになってからも俺の周りには女が絶えることはねぇ。つくしのことを分かった上で誘いをかけてくるようなバカな女ばかりだ。

そんなことはつくしも分かってる。
バカな女たちにその都度対処していることもつくしは承知している。

そもそも俺自身がつくし以外に目が向かねぇんだから、俺とどうこうなろうなんて無理な話だ。まぁ、見ていて気分のいいもんじゃねぇから、俺だってその辺は気をつけていた。

けど今日はタイミングが悪かった。
っつーか、なんで今日に限って?

講演後にそのまま出掛けようと思って、その場につくしを呼んでいた。
楽屋に戻り着替えていると扉がノックされる。当然つくしが来たものと思った俺は確認もせずに二つ返事で扉を開いた。

そこにいたのは茶会で何度か見かけたことのあるどこぞのお嬢さん。
しかも質の悪いことに最近は俺につきまとっている女でもあった。

着替えている最中だった俺の着衣は乱れたまま。

ヤベッ。

一言詫びて扉を閉めようとすると、女はその隙間に身体を滑らせてこともあろうか抱きついてきやがった。

ったく、何考えてんだ?
引き剥がそうと向き合った瞬間には、その顔が目の前に迫り唇に何かが触れる。

おいおい、勘弁してくれよ?
こんなところつくしに見られたら…。

そう思いながら扉に目を向ければ、その隙間から涙目になって呆然と立ち尽くすつくしの姿が飛び込んできた。

マジかよ…。
タイミング悪すぎんだろ?
これじゃまるで俺がその気になってるみてぇじゃねぇか!

「つくし、違うから!」

口を開くと同時につくしの頬に涙が伝い、踵を返して駆け出した。

クッソ!
なんだってこんな時にっ。

着衣を整え、抱きついている女を押し退けてつくしを追いかけた。

難なく追いつき呼び止めるものの、つくしの足が止まることはねぇ。走るのは諦めたみてぇだが、返事もなければ振り向く気配もねぇ。




「おいっ、つくし!待てって。」

つくしの細い二の腕を掴んだ。

「離してよ!
もう私はいいよ。もう疲れちゃったよ…。」

腕を掴まれ振り向いたつくしの顔はすでに涙でボロボロだった。その顔を見れば胸がチクリと痛みだす。

つくしに対して疚しいことなんてひとつもねぇ。
けどつくしにこんな顔をさせたのは紛れもなく俺自身だった。
その事実が俺の胸を締めつけていた。

***
あうあうあう・・・総二郎とつくしならありえることだけにあるある!と
1人納得しながら読ませていただいてます・・・総二郎、どう挽回する???

次回は本日18:00公開です~v(。・ω・。)ィェィ♪
関連記事
スポンサーサイト



Secret