FC2ブログ
 『Life is Beautiful』をのぞきにきてくださってありがとうございます。
 しばらくサイトをあちこちさわる予定なので、お見苦しいところもあるかもしれませんが
 ご理解ください。よろしくお願いします。

 現在お話の更新予定はまだ未定となっております。今しばらくお待ちくださいm(__)m

 INDEX

2016.11.23 そのまなざしのみつめるさき 6
そのまなざしのみつめるさき
=幸せの瞬間2 SIDEつくし=

「つくし大丈夫か?無理しねーできつかったら言えよ、無理して食べなくてもいいからな。」

あたしの背中に手を添えて、こっそり話しかけてくれる総。つわりはほとんどないけどちょっと疲れやすくなってるあたしの体調を気にして気遣ってくれるのはいつものことだ。

「大丈夫だよ。お腹空いてるし、今日はお仕事も午前中だけだったから疲れてないし。」

「ん、ならいいけどな。無理すんな。」

そっとあたしの手を握ってぎゅっとしてくれる。もう何年も変わらない総のその仕草が、あたしは何よりも好きだったりする。お前が大事だよってこっそり言われている気がして。

「今日は牧野のための食事だからな。ま、無理しねぇで食えよ。」

みんなとは違うコース料理が運ばれてきて、なるほど、そうなのか、と思ってしまった。このお店は道明寺財閥が新しくOPENさせるお店だそうで、まだOPEN前なのもあって今夜は貸し切りだ。道明寺が言うには椿さんのプロデュースで世界中の体にいい食材を使って展開してるレストランの日本支店なんだそう。今日のあたしのためにと、NYにいる椿さんと滋さんが妊婦のためのメニューを考えてくれたらしい。ありがたいなと思う。

「それで牧野。お前どっちが欲しいんだ?男?女?」

「えー、そんなのどっちだっていいよ。元気だったら。あ、総に似た女の子はダメ。絶対ダメ。」

「なんだそれ。俺に似た娘なんて超絶美人でかわいーに決まってんじゃねーか。」

「総二郎みたいなビッチになったら困るからでしょ、牧野。」

「うん。類正解~。」

「俺の娘にそんなことさせるわけねーだろ!」

まだ生まれてもないのにもう親バカか、なんて美作さんが笑う。道明寺が娘なら俺が嫁にしてやる、なんておそろしいことを言って、総が本気で嫌がってた。俺も、牧野の娘なら結婚してもいいよ、なんて笑う類の笑顔が黒いと言ってみんなが笑うのに総だけはおもしろくない顔をしてて、それがまたおかしいと笑う。とにかくずっと笑って笑って、楽しくて、ディナーも最高においしくて楽しい時間だった。

なかなかこんなふうにみんなで集まれることはない。総以外はほとんど日本にいることがないくらい忙しい。今回は道明寺がいつものごとく無理言って帰国してくれて、それにあわせて類と美作さんも帰国してくれた。本当にありがたいけど、たぶん隣室で控えてる秘書さんたち大変だっただろうなあと裏方の苦労もここ何年かでわかってきたあたしとしては申し訳なく思ってしまう。でもこんな時間を過ごさせてくれて本当に秘書さんたちにも感謝だ。

「あ、実は俺な、当分日本にいるんだ。どうやら俺がベビーの顔を一番に拝むことになりそうだな。」

食事を終えてワインを飲みながら美作さんが思い出したように話す。

「お、あきら。仕事日本になるのか?」

「ああ、親父がお袋と一緒にニースに行きたいって言っててな。入れ替わりで俺が当分日本で社長代行だ。」

最近美作さんのお母様が体調を崩されてるとはお義母様から聞いていたけどあたしは何も言わず話を聞いていた。みんなも状況は知ってるのか、そうか、とだけ返事をする。

「あきらが帰ってくるならいい子守ができるな。お前、4・5年日本にいろよ。で、うちの子の子守しろ。そしたらお前もいい加減結婚したくなるだろ。」

「冗談よしてくれ、ただでさえお前が結婚してるのにってどうして俺は、ってうちの両親から冷たい目で見られてんだ。今回本社の副社長として戻ってくるのに社長代行もだぞ、忙しいのを言い訳に結婚はまだって逃げてるんだからな。日本で子守なんてしてるってうちの親にバレたら、それこそ誰でもいいからって縁談決められる。」

苦笑いの美作さんはため息をついてるけど、まあ美作さんに限らずあたしの前にいるクルクルパーマも相変わらずの王子様も状況は似たようなものだ。

「ま、お前らの“牧野”を俺がもらったからな。せいぜいいい女探してさっさと結婚しろよ。」

あたしの頬にチュッと見せつけるようにキスしながら、総は嫌がらせのように3人に微笑んだ。もう、またそんなこと言って、なんてあたしの声は届かない。まあこれもいつものことだし。

それからお互いの近況をたくさん話した。椿さんの息子さんが道明寺に懐かない、なんて話を聞いたり、美作さんの双子の妹さんがどちらも恋人ができて、お父様の美作社長はがっくりと肩を落としてる、とか、類は最近イギリスで仲のいい社長さんから「恋人になってほしい」と言われてちょっとびっくりしたなんて話まで。ちなみに類に告白した社長さんは類より14歳上の男性だそうで、みんなで興味津々で聞いてしまい、類からすごく嫌な顔をされた。

「牧野、体調には気をつけろよ。今日はいつもみたいにしっかり食ってたけど、いつつわりがはじまるかなんて人それぞれだからな。」

あたしを思いやってくれる美作さんの言葉もあたたかい。あたしの隣を譲らない総に邪魔だのなんだのと道明寺がいいながら、ディナーはお開きになった。外に出てみんながもう少し飲もうとか話してる横であたしは類からプレゼントをもらって・・・

ホントに楽しかった。幸せだった。その瞬間までのあたしたちは。


***
とても幸せな、総二郎とつくしを囲んでの食事。
久しぶりに帰国してみんなで集まれて、F4もこの時間を楽しんでますね。
次回は連載始まってはじめての、SIDE総二郎。やっとだね、総二郎登場です。
とっても幸せな気持ちの総二郎が登場です~~~が・・・
関連記事
スポンサーサイト



Secret