FC2ブログ
 『Life is Beautiful』をのぞきにきてくださってありがとうございます。
 しばらくサイトをあちこちさわる予定なので、お見苦しいところもあるかもしれませんが
 ご理解ください。よろしくお願いします。

 現在お話の更新予定はまだ未定となっております。今しばらくお待ちくださいm(__)m

 INDEX

IMG_0248.jpg

「あ~やっと終わった・・・今日も疲れた~んーーー!」

あ、いけない、と思いつつ、着物姿のままでつい背伸びをしてしまったあたし。だってもう日付が変わるこんな時間に、やっと解放されたんだもの。ちょっとくらいいいよね誰も見てないし、なんて言い訳してみる。明日は総の誕生日。いや、もう今日だ。それに合わせて2人お休みをもぎとるために、今日までぎゅうぎゅうのスケジュールで頑張ってきたんだ。でも・・・

「肝心の主役はまだ京都だけどね・・・早く電話しよ。」

総は今日まで京都でほぼ監禁状態で仕事の予定だ。明日の始発の新幹線で帰ってくる予定になってる。ずっと今まで、総の誕生日になった瞬間にはいつも一緒にいて、いつも一番最初におめでとうを言っていたあたしとしてはちょっと寂しいけど、でも、そのおかげで久しぶりのお休みをとれたんだからちょっとだけ我慢、だ。

早く総に電話がしたくて急ぎ足で部屋に向かった。夜中だからもうみんな寝静まってるし、やたらとあたしの足音だけが響く静けさ。ドアを開けて部屋に入ったら・・・ぐいっ!!

「えっ!?ぎゃ、んーーーーーっ!!!」

まだ電気もつけてない真っ暗な部屋の中で、誰かに腕を引っ張られて羽交い絞めにされて、びっくりしすぎて叫ぼうとしたら口をふさがれて・・・

「・・・おい。叫ぶなよ。この部屋に俺とお前以外いるわけねーんだから。」

聞きなれた声と感じなれたぬくもりがあたしをぎゅっと抱きしめる。そしてこの香り。もう。びっくりするじゃない。そっと口をふさいでいた手を放してくれた。

「びっくりするよ・・・電気くらいつけて待っててよ、総。」

「俺もさっきついたばっかだ。お前の足音聞こえたから驚かせてやろうと思ってな。」

明るくなった部屋で、まだ着物を着てる総があたしを見てやさしく笑ってくれる。

「でもどうしたの?帰りは明日の朝だったでしょ?」

「爺どもとの会食パスしてきた。散々こき使われたんだ、あんなんまで付き合ってらんねーよ。」

「おかえりなさい、総。」

「ああ、ただいま、つくし。会いたかった。」

あたしをぎゅっと抱きしめてくれる総は、この2週間ずっと京都で、相当ストレスがたまるといつも愚痴っていたけどさすがに限界だったみたいだ。でも、うれしい。まさか帰ってきてくれるとは思わなかったから、ちょっとでも早く会えてうれしい。こんなことまだ言ってるから、いつも「まだまだ新婚さん」ってみんなに冷やかされるんだけど。

「総、お誕生日おめでとう。よかった、電話じゃなくて顔を見て今年も言えた。」

「今更祝ってもらうような歳でもねーけどな。ありがと、つくし。」

今日は朝、総が帰ってきてから久しぶりにデートの予定をいろいろとたててる。らしい。あたしはまだ何も知らされてないんだけど。

チュッといつものようにキスが降ってくる。ああ、久しぶりの総のキスに、なんだかそれだけでうれしい。最初は触れるだけだった唇は、いつの間にかどんどん深くなってしまって、あたしも総にギュッと抱きついて夢中で舌を絡め合ってしまった。

「はっ、んっ、ちゅ、ん・・・・」

総のキスはいつも気持ちいい。でも今日は久しぶりで、だからなのか総も激しくキスをしてくる。それに抱きついて応えていたら、だんだんと体が熱くなって頭がボーっとなってしまう。どうしてそうってこんなにキスがうまいんだろう・・・気持ちいい・・・ん?あれ?

「ちょ、総?」

気が付いたらあたしの胸元の帯はほどかれてしまって、下にバサッと落ちてしまった。誰が脱がせたなんて1人しかいないんだけど、それにしても早業すぎる。え?っと思ってる間にも、どんどんあたしの着物は脱がされてしまって、あっという間に襦袢一枚。

「え?総、あの、明日はほら、朝早くから出かけるんだし、あの、今日は早く寝た方が・・・」

「ああ、わかってる。だから1回でおわらしてやるから。」

「いや、あの、そうじゃなくてね、きゃ!ちょっ!」

そんなことを言ってるうちにもエアコンのスイッチを入れた総はあたしを抱き上げてベッドに押し倒した。そしてその上で自分の着物もささっと脱いではベッドの向こうに投げ捨ててる。

「あの、着物もしわになるし・・・それにあたし、まだお風呂も・・・」

「つくし。」

まっすぐにあたしの目を見る総の顔は真剣だ。

「もうお前が不足してて俺限界なんだよ。今すぐ、お前がほしい。」

そ、んなこと、そんな真剣に言われたら・・・

「無理はさせねーから。明日のこともちゃんと考えてる。だから今すぐお前が抱きてーんだ。頼む。」

「え、あ、の。はい。」

あまりの真剣さに思わずうなづいてしまった。

「よし。」

残り少ないひもを緩めながら、総があたしの肌に唇を滑らせる。何度もキスをされ、何度も肌のあちこちに総の唇が触れ、気が付けばあたしは着物用に履いていたレースのTバック一枚になっていた。あたしの両ひざを抱えてそこをじっと見つめる総は、ごくっと息をのんだ。

「あ、の?総?」

「やべー・・・俺、我慢できっかな。」

え?総の瞳が欲望の色でメラメラして見えて・・・あたしは後ずさりたくなってしまった。でも、同時に期待もしてしまった。


・・・続く

IMG_0243.jpg
第2話 向日葵

↓もしよかったらぽちっと・・・してくださったら泣いて喜びます(´(エ)`*)ゝ
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
スポンサーサイト



IMG_0247.jpg

IMG_0242.jpg
第1話 Life Is Beautiful 向日葵

「あっ、んんっ!」

あたしのアソコに、下着越しに舌を這わせる総。もう、さっきからそこがどうなってしまってるのか、自分でもわかってしまうくらいにあふれてるはずだ。恥ずかしい。

「総、だっめぇ、きたな、いよぉ、ああんっ」

あたしの声なんて総の耳には入ってないみたいに総の指があたしの下着をずらして、総の舌はあたしのアソコにじかに刺激をくれる。

「つくし・・・やらし―匂いがすっげーする。すげーぐちゃぐちゃ。お前も俺がほしかったか?」
「そ、んな、ああっやぁぁぁっ、んっ、ああんっ」
「ほら、俺の指がお前の中にずぶずぶ入ってく。ナカも熱くてぐちゃぐちゃで、俺の指に絡みついてくる。すげーぞ。」

総の指にかき回されると、あたしはもうろくに返事もできない。気持ちよすぎて、頭の中で何も考えられない。ただ部屋の中にくちゅくちゅという音が響き渡っている気がしてすごく恥ずかしくて、それが余計にあたしを興奮させてしまってる気がする。

「だめだ、つくし、こんなん我慢できっかよ。いれるぞ。」
「え、あっ、んぁあーーーーっっ!」

あっ、だめぇ・・・ビクンビクンッ!

「くっ・・・おい、つくし、入れただけでイっちまうなんて、そんな気持ちよかったか?」
「あっ、んんっ」

ちゅっちゅとあたしにキスをしながらイってしまったあたしのナカをゆっくりと総のモノが動き出す。ああ、まだ、だめ・・・

「ぁん、総ぅ・・・き、もちよ、んっ、くてぇ、ああっ、な、んか、おっ、かしくなるんっ、あぁんんっ」
「ああ、だろな。すっげーお前のナカ熱くてぐちゃぐちゃで、たまんねーよ。やらしいな、つくし。」
「やぁ、そん、なぁああんっ、いわなっ、んんっ」
「愛してるつくし。ああ、ダメだ、お前よすぎ。」

ぐちゅぐちゅと激しい音と一緒に総の動きが激しくなる。あたしのアソコがぐちゃぐちゃすぎて、総のモノが奥まできちゃって、しかも久しぶりだからか、総のモノがいつもよりすごく大きくて、あたしのいいところばかり責めるからあたしはもう、何度もイかされてしまう。

「ああっ、そぅ、も、ああっ、いぃーーーーーんんっ!」
「くっそ、俺もイくぞ、つくし!」
「ああぁん、やぁ、あああーーーーーっ!」
「ぐっ、くぅっ!」

あたしのナカに熱いものがものすごくたくさん出されてしまった。総はあたしのナカにたくさん注ぎながらあたしを痛いくらいに抱きしめてくれる。

「・・・はっ、ふぅ・・・やっべ・・・よすぎるわ。」

ちゅっちゅっとあたしにやさしくキスをしながら総のモノはまだまだ、ぜんぜん、まったく元気で。

「そ、う?あ、の、もう今日はあの・・・」
「あーわりー無理。」
「え?」

ぐいっと総が起こした体の上に、あたしものせられてしまって、総のモノがぐっとさらに奥まできてしまって、気持ちいい。いいけど、あの・・・

「お前はじっとしててくれりゃいい。俺が動くから。」
「え?いや、あのそういう問題じゃなくて・・・」
「しばらくしてなかっただろ?お前が足りなくて死にそうだったんだわ俺。」
「うん、それはわかるけど・・・」
「まだまだ足りねーわ、全然さっぱり。」

え?

「あと2・3回付き合ってくれ。お前をもっと抱きたい。」
「で、でも早く寝ないと・・・」
「情けねーけど俺もたぶん今日は早いと思うから大丈夫だろ。」

・・・今までそう言われて大丈夫だった経験がないんだけど・・・

「あぁっんっ」

そんなことを言いながらも総はあたしの下で腰を動かしてくる。あたしの胸の先を舌先で転がすように舐めて、もうあたしがどこをどうされたら気持ちよくなってしまうかなんて、総には全部知られてしまっているから。

「総、あぁんっ、あっ、のっね・・・」
「ん?なんだ?」

もうすでに快感に流されてしまってたあたしは、せめて、明日はデートだし、そう思って総にお願いしたかったんだけど。

「あ、の、やさしく、して?」
「・・・お前、あおってんのか?」

総の顔を見て恥ずかしながらもお願いした言葉は、なぜか総に火をつけてしまったらしい。あれ?あたし、何か間違えた?

「ああっーーーーーーー!」
「いっ、んんんっ、ぃくぅんーーーーーーーっ!」
「だっ、も、こわれちゃ、ああっ・・・」
「くっぉ、でるっ!!!」

あたしのナカに、何度総の熱いのが注がれただろうか。そのあいだにあたしはいったい何回イったのか、もう覚えてない。久しぶりだったから、あたしもすごく気持ちよくて、よすぎて、どうにかなってしまってた。

「・・・さすがに寝かせねーとだな。」

イかされすぎてもう言葉も出ないあたしの頭の上でそんな声が聞こえてきた。あたしのナカから総が出ていくと、そこからたくさんのものも一緒に出て行ってしまって、体がぶるっと震えた。

「我ながらまあ・・・まあ、つくし不足だったから仕方ねーよな。」

ささっとあたしの体を清めてくれる総にも、もう反応できない。

「さ、寝るか。つくし、おやすみ。」

電気を消してあたしを抱き込む総のぬくもりに、もう意識を保っていられなくて、たぶんお休みってかえせたとは思うけど。

「愛してる、つくし。」

ああ、あたしもだよ、総。そう思いながら意識は総の腕のぬくもりの中に溶けていった。


・・・続く

IMG_0245.jpg
次回 Pas de Quatre plumeria様

↓もしよかったらぽちっと・・・してくださったら泣いて喜びます(´(エ)`*)ゝ
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ